So-net無料ブログ作成
検索選択

木彫りその2 [手芸]

木彫りの話、まだ続いたりします。これで終わりですのでよろしければお付き合いくださいませ。

ちなみに、前回のラッコですが、ラッコの輸入が規制によりストップし、繁殖も難しい為、水族館のラッコがどんどん減っています。今いるラッコ自体の高齢化も進んでいます。
私自身、ラッコの良さに気づいたのは最近のニワカでこんなことを言うのもおこがましいですが、ラッコにご興味があれば是非ご覧になってほしいなーと思います。ちなみに、海遊館と神戸の須磨海浜水族園に行きました。海遊館のラッコも可愛いですが、人が多くて一方通行(戻って見れない)なのですが、兵庫県の須磨海浜水族園は比較的ゆったりと、何度でも見ることができました(そんなに見ない?)

さて、本題にもどります。
次に私は長女に聞いてみたのでした。「なんか彫ってほしいものある?」
で、帰ってきた答えが「ブタ」でした…

前回が「ラッコ」で水族館、今回は…
もう私の行動は読めますね。
そう!「動物園」に行ってきました!
平日の午前中、そんなに人はいないだろう、オバチャン1人で動物園行ってもおかしかないだろう…と、入場券を買って中に入ったら。
まさかの大量の幼稚園児…
ひとつどころではない、3、4園もしかしたらもっとかもしれない数の、幼稚園の制服を着たちっちゃいお友達が、それぞれ先生に連れられ、カメラマンを伴い、遠足に来ていたのでした。
でも私は思ったのです。「園児とオバチャン、場違いなのは明らかに私である。とりあえず邪魔にならないように行動しよう。」カメラに写りこまないよう、なるべく園児の見ていない動物を見よう…
無理でした。どこに行っても園児のいない場所がない…
そして、忘れそうになっていました。
私の本命は「ブタ」です!ブタを探しつつ、所在なげに徘徊しましたが、なかなか見つかりません。
事前にウェブでチェックしましたが、またいないパターン?

image.jpeg

ワオキツネザル。
おまた全開してくれました。

image.jpeg

なぜかハカリで寝るフェネック。


image.jpeg

水面に映り込むイグアナ。


いない…

園児たちは、そこここに座り込んでお弁当を食べています。
私もお昼を食べて、もうあきらめて帰ろうかと思って食堂をでたら、なんと!
No 園児!
小さいお友達は早々とお弁当を食べて、撤収したようでした。
園児、帰るのはやっ!

そうして、私もついに 見つけたのでした。
ふれあい広場で、
「ミニブタ」!


image.jpeg

ミニブタ…
育ってるねえ…


もうほとんどお忘れかと思いますが、私は木彫りのモデルに、ブタさんを見に行ったのでしたね。

そして、出来上がりがこれです。


image.jpeg

見に行った意味ないねえ…


その時、隣の美術館で若冲展をやっていたのですが、そっちを見に行けばよかった…とつくづく思ったのでした。